私流イラスト素材を作る時の話

私流イラスト素材を作る時の話

どうもそらときです。
私流イラストストック術最終回のつもりでしたが制作編と申請編で分けました。

シリーズ通して「春」をスタート地点に、普段どうやってストックイラストを作っているかというお話をしていて前回はめっちゃ具体的に描くものを決めました。
今回はその中から、「ピクニックの雰囲気でお花見を楽しんでいる人々」を実際に制作するお話です。
と言っても制作スタイルこそ人それぞれなのでちょっとしたTipsも交えつつメイキングな感じにしていきますのでお付き合いよろしくお願いします。
当初は桜の季節だったのにちんたらしてたらもう梅雨の季節になってしまいました…。
折角なのでバリエーション作りで紅葉狩りやピクニックなイラストも作っています。

今までの記事はこちら
私流イラスト素材のテーマ決めの話
私流イラスト素材のネタ探し&バリエーションの話

作る時の流れ

最初に私の大まかな流れをご紹介。
①テーマを決める
②テーマについて調べて更なるネタ探し
③販売予定のサイトで検索
④バリエーションを考えてみる
⑤作る!!!!←今ここ
⑥申請!!!!

作るぞ!!

下描き
「ピクニックの雰囲気でお花見を楽しんでいる人々」という事で、風景ありきで進めていきます。取り敢えず全体像はこんな感じでしょうか。

下描き

この時点は思うまま描いてますが人物だけで販売する事もあるので、単体でも何のイラストであるのかがわかる事を意識しています。
また同じ仕草でも老若男女で違いを持たせるようにすると単体のイラストで並んだときに見栄え良くなると思って頑張ってます。

今まではクロッキー帳に描いていたのですが、つい最近iPadproとApplepencilを買ったのでこちらで描くようにしました。
アナログの下描きはカメラアプリで取り込んでPCに送っています。
iPadの時はアプリから画像書き出し。
どちらもAirdropでひゅーんと楽ちんです。

Illustrator作業
ファイルの設定は2000×2000px、RGB。アートボードは取り敢えず1つで始めています。

設定

!制作サイズ
販売サイトでは販売する時にサイズが選べる場合があり、単純に大きい画像ほど高額で販売できます。
大きな画像でアップロードすれば自動的に小さいサイズも生成されるのでできるだけ大きいデータで作っています。
書き出す時に高解像度で書き出すので実際は8000pxくらいの画像になります。

トレース
私はメインソフトがイラレなので最初からその選択肢しかありませんでしたが、もし制作ツールに複数の選択肢がある場合でもイラレが出来たらそちらをオススメします。
というのも、ストックサイトではjpgやpngといった画像ファイルの他にepsデータでも販売ができる上に単価が高いため。
更に、epsデータではパスの情報も書き出せるので、購入者の視点から見ると購入後にちょっとした手直しができるのが魅力的です。

さてさて、下描きを元にペンツールでがしがし描いていきます。
基本的にアウトライン表示で作業していて、ある程度トレースしたら塗り設定して調整を繰り返し。

トレス

人物イラストの場合は「頭部」「体」と部位ごとにグループ化して位置を調整しやすくしたり、服に隠れる部分も作っておくことで服装を変えたバリエーションを作りやすくしたりします(長袖→半袖)
隠れる

バリエーション作り
トレースが終わったらそれぞれを組み合わせたりパーツを変えたりしてバリエーションを組んでいきます。
セットにできそうなもの、性別や色を変えるものなどなど。コピペしては付け足したり削ったり配色を調整していきます。

バリエ1
バリエ2
バリエ3

2枚の下描きが25枚になりました。
バリエーションの持たせ方はその時のテーマによって変わってきますが、人物のバリエーションと背景のバリエーションをそれぞれ単品で出せる様に作っておくとセット販売したり人物×背景の組み合わせでするするとできていきます。

!epsデータのチェック
PIXTAさんでepsデータを申請する時はオープンパスや画像データが入っているとリジェクトになってしまうので、サイトで配布しているスクリプトなどを使用してチェックしておくと精神的にもよいです。

    チェック項目

  • 画像データが入っていないか
  • オープンパスがないか
  • 余計なポイントがないか
  • 非表示レイヤーがないか

整理
バリエーションまで済んだら画像書き出しの準備をします。
販売する1枚分が1アートボードになる様に並べて、その数の分だけアートボードを追加→サイズ調整して配置。

配置

あとはjpg、png、epsでそれぞれアートボード毎に書き出しして次回の申請編に続きます。
最新のイラレを使用している時はeps書き出しの時にCS2くらいまでバージョンを下げて書き出しします。

最後に

と、そんなこんなであとは申請作業だけになりました。
この記事書いている間に申請→販売開始になったので、リンク貼っておきますね!!わぁい!

私流シリーズで制作したストック素材はこちら

ストックイラストカテゴリの最新記事